スポンサーリンク

メタボを解消する食事のポイントとは?食べる回数を増やして食べる量を減らす

メタボを解消するには、規則正しい食事で、食べすぎないようにしましょう。

会社の健康診断で3年間連続のメタボの診断で、さすがになんとかせねばと思っていたところ、管理栄養士に食事指導をうける機会がありました。

IT業界に勤めている私は、残業が多くてどうしても夕飯が遅くなります。
お腹がペコペコで帰宅するので、どうしてもドカ食いをしてしまいます。

お腹がペコペコだと、ゆっくりとして食べることができないので、満腹と感じるのが遅れてどうしても食べすぎになってしまいます。

その時に管理栄養士の方が言われたことですが

残業などで遅くなる時は、夕方に「おにぎり」や「サンドイッチ」など軽く食べて、帰宅後は、軽めの夕飯にするのが良いそうです。

1日3食でなく、1日4食ですが食べる回数を増やして食べる量を減らすように指導してくれました。

また、朝はいくら食べてもいいそうです。

ですが、夜遅く食べる習慣がついていたので、朝は食欲がなく、朝食を抜いてしまうことも度々ありましたが、バナナ1本を食べるだけでも良いそうです。
バナナはとても栄養価が高いそうです。

昼は仕出し弁当を食べているのですが、肉や魚、フライものに一緒についているお醤油やマヨネーズはカロリーがとっても多いので食べないほうが良いそうです。
今まで気にせずにつけていましたが、それ以来、使わないようにしています。

この食事指導以来

規則正しい食事で、食べすぎないように心がけた結果

72キロだった体重が68キロまで減りました。

もし私と同じように、残業が多くて、夜遅くに食べることが多い人は

食べる回数を増やして食べる量を減らすように変えてみたらいかがでしょうか。