スポンサーリンク

LPS(リポポリサッカライド)を知っていますか?

2018年8月6日

◆LPS(リポポリサッカライド)とは?


今、TVや雑誌で注目を集めているLPS(リポポリサッカライド)ですが
一体どういうものか調べてみました。

・フジテレビ「その原因Xにあり!(2017年7月21日放映)」
・日本テレビ「世界一受けたい授業(2016年2月20日放映)」

今注目の「LPS」(正式名:リポポリサッカライド)は、病原体などを食べるマクロファージという免疫細胞を活性化させ、自然免疫力を高めてくれる夢のような物質なのです。

マクロファージは体内のウィルス、細菌を食べて除去するだけでなく、体の各臓器にも存在し、健康を維持しているとても重要な細胞です。

たとえば脳に存在するマイクログリアというマクロファージは、睡眠中に脳に溜まった老廃物を除去したり、脳の神経細胞のつなぎ目であるシプナスを正しく形成する働きもしています。

これによって脳の働きを正常に維持し、アルツハイマー病の予防にも一役かっているのです。

このようなことから、今まで多くの免疫力を上げる方法が提案されてきましたが、ここにきてマクロファージの重要性が注目されています。

マクロファージは身体のいたる部分に存在している免疫細胞なので
様々な症状の改善に効果が期待されています。

◆LPS(リポポリサッカライド)の研究


パントエア菌LPS(リポポリサッカライド)は、東京大学名誉教授(元東京大学副学長)水野傳一薬学博士らにより、マクロファージの制御に的を絞った健康維持についての研究がスタートし、1988年に、小麦の水洗浄液からマクロファージ活性化に有効作用のある物質を発見
その物質がパントエア菌LPS(リポポリサッカライド)であることが判明しました。その後、新潟薬科大学薬学博士杣源一郎教授をはじめとする研究者が引き継ぎ、四半世紀以上に渡り研究が進められてきています。
2011年には米国、仏の研究者がLPS(リポポリサッカライド)等による自然免疫の仕組みを明らかにし、ノーベル生理学医学賞を受賞。
現在日本では、自然免疫応用技研(株)を中心に、産官学の連携で、美容、医療など様々な視点から、更なる研究が進められています。

◆リポポリサッカライドの期待される効果


免疫細胞を活性化させるリポポリサッカライドですが、以下の症状の改善に
効果があると期待されています。
マクロファージが人間の身体のいたるところに存在している細胞だから
いろいろな症状に効果があるということですね。
薬を使わずに改善できたら嬉しいですね。

●花粉症抑制
●がん予防
●アルツハイマー予防
●アレルギー予防
●うつ病予防
●感染症予防
●高血圧予防
●糖尿病予防
●脂質異常症予防
●老化予防
●骨粗しょう症予防
●認知症
●アトピー性皮膚炎改善(犬のアトピー性皮膚炎にも)
●胃潰瘍治癒
●やけど改善
●傷の早期回復
●疼痛・神経痛の緩和
●手術後の鎮痛効果
●薬の副作用低減・改善

リポポリサッカライドの研究者の杣 源一郎(そま げんいちろう)氏の著書を2つご紹介します。

2018年1月23日19時放送の『たけしの家庭の医学』

2018年1月23日19時放送の『たけしの家庭の医学~【認知症を予防する科】最新研究で発見!認知症を引き起こす原因物質「LPS」~LPSが増加している人が出している独特の臭いとは!?』 について
この番組で認知症の原因がLPSにあるというように受け取られた視聴者がたくさんいたようで、それに対して、自然免疫応用技研(株)のホームページに下記のようなコメントが
記載されています。

『認知症を引き起こす原因物質「LPS」』という副題になっておりますが、元になっている研究からすれば、「認知症を引き起こす歯周病感染」とすべきかと思います。丁寧に説明するならば、歯周病菌が歯肉を溶かし、血流に入り込み、その結果歯周病菌の成分であるLPSが血液の中に放出されると、慢性炎症となり認知症の原因になるかもしれない、ということです。尚、歯周病菌のLPSは一般的なLPSと比べて特殊な構造で、異なる受容体を通じて作用しますので、「歯周病菌のLPS」の研究であることは、明確にすべきであったと思います。

⇒続きの記事は、自然免疫応用技研(株)のホームページで見てください。

◆リポポリサッカライドは様々な食べ物に含まれています


健康を支える夢のような物質「LPS」ですが、様々な食べ物に含まれています。
ではどんな食べ物に多く含まれているのか、調べてみました。

LPS(リポポリサッカライド)含量(μg/g)
明日葉 13.8
ゴーヤチップ 0.2
桑の葉(粉末) 1.1
大麦若葉(粉末) 0.5
ケール(粉末) 0.2
ほうれん草(粉末) 1.3
ワカメ(乾燥) 21.2
メカブ(粉末) 42.8
クロレラ(市販健食) 0.2
キノコ菌糸体抽出物(市販健食) 0.8
蕎麦外層粉 5.9
小麦フスマ(市販健食) 8.8
小麦胚芽(市販健食) 7.5
シイタケ末(市販健食) 2
発芽大麦ファイバー(市販健食) 3
渋柿(発芽食品) 17.1
ドクダミ(乾燥) 5.5
鬱金(和漢) 30
人参(和漢) 50
柴胡(和漢) 40
甘草(和漢) 30
葛根(和漢) 30

参考文献:ジャパンフードサイエンス52:55-59(2013)
上記の表を見ると、ワカメやメカブ、特に和漢成分にLPS(リポポリサッカライド)が多く含まれます。
それはワカメ(乾燥)、メカブ(粉末)、和漢が、素材をそのまま乾燥しているからなのだと考えられています。

◆リポポリサッカライドにはいろいろな種類がある


調べてみると、このリポポリサッカライドには、いろいろな種類があることがわかりました。
さらに、このリポポリサッカライドを含む商品には、サプリは勿論ですが、洗顔クリームもあるし、飲むお酢もあるし、化粧品もあるし、なんとお米までも販売されていることがわかりました。

◆リポポリサッカライドを含むサプリメント


LPSを含む食べ物を積極的に食べたらいいじゃないかという意見も聞こえそうですが
無理なくLPSを摂取するには、サプリの力をかりるのが簡単かと思いますので、
そのサプリを2つご紹介します。

「ハイパーLPS500」

TVで今話題の免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)【ハイパーLPS500】




商品名:「ハイパーLPS500」
開発元:自然免疫応用技研(株)
内容量:38g(2mL×33回分)  1日の必要量=スプーン一杯(2mL)
価格:3,480円(税込・送料無料)
成分:
このページの冒頭でご紹介している自然免疫応用技研(株)製の高濃度パントエア菌LPSを含み、さらにLPSと相性の良い乳酸菌食物繊維を含みます。
LPSは乳酸菌と一緒に摂取することでその効果が3倍以上になることが自然免疫応用技研(株)の研究で明らかにされています。
※自然免疫応用技研(株)のホームページにたくさんの学術データが保存されています。
其の他:
HYPER LPS 500(ハイパーLPS 500)は、合成保存料・合成着色料は不使用で、原材料はすべて日本国内の工場で管理され厳しい試験に合格したものだけを使用して製造した安心の国産サプリメントです。

「LPS-H」

免疫ビタミン【LPS-H】




商品名:「LPS-H」
開発元:とばや酢店
内容量:300mg×120粒  1日の必要量=4~8粒
価格:12,000円(税別・送料無料)
こちらのお店では、のむお酢も販売しています。

飲むお酢はこちらになります

◆リポポリサッカライドを含む化粧水、保湿クリーム


東京大学名誉教授(元東京大学副学長)水野傳一薬学博士他、たくさんの研究者らの長年の研究により、米ヌカから摂れるLPS(リポポリサッカライド)という成分が、肌本来の力に働きかけ、ハリ・弾力のある、年齢を感じさせない肌に導くことが解明されました。
大手通販の楽天でリポポリサッカライドを含む化粧品を探したところ
パントケアという化粧品が販売されていました。

商品名:『パントケア バランシングクリーム』
内容量:【保湿クリーム:50g】
『夢の物質』LPS(リポポリサッカライド)配合
価格:4320円(税込、送料別)
保湿クリーム以外にもリポポリサッカライドを含む化粧品がたくさん販売されています

◆リポポリサッカライドを含むお米をご紹介します


お米はお米でも、お米の一番おいしい部分を残した金芽米にリポポリサッカライドが白米の6倍も含まれているそうです。
丸の内タニタ食堂では、金芽米を使用しているそうです。

金芽米の詳細は、こちら ↓ をクリックしてください。
【29年産】金芽米 長野あきたこまち5kg【送料込】※無洗米・LPS(リポポリサッカライド)が豊富で免疫力アップ(きんめまい・お米)