スポンサーリンク

グリーンスムージーで野菜不足解消、ダイエット効果、美肌効果、便秘改善|市販の人気商品を比較検証

2019年5月12日

2016年ヒット商品のベスト10選に選ばれたのが「グリーンスムージー」です。
カゴメの「野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーMix」やローソンの「グリーンスムージー」が非常に売れまくっています。
グリーンスムージーのダイエット効果、美肌効果やニキビや便秘にも効果があるとかで、とくに若い女性に人気が集まっています。
このページでは、グリーンスムージーのさまざまな効果やその人気の理由や、 飲み方のルールをご紹介しています。

スムージーとグリーンスムージーの違い

グリーンスムージー(英: Green SmoothieまたはHealth shake)は、生の葉野菜フルーツをミキサーで混ぜ合わせた飲み物です。
スムージーはニンジンとかさつまいもを使いますが、グリーンスムージーは野菜は葉野菜しか使いません
スムージーというと冷たいシャーベット状の飲み物を連想しますが、グリーンスムージーは常温で飲みます。

野菜ジュースとの違い

スムージーと野菜ジュースは何がどう違うのでしょうか?
スムージーも野菜ジュースも使っている野菜や果物は同じですが、野菜ジュースは生成の工程で加熱処理をしています。
熱を加えるので野菜や果物に含まれるビタミンが壊れてしまいます
さらに飲みやすくするために濾過の工程があり、この濾過の工程で食物繊維が取り除かれてしまいます
スムージーは、生の野菜フルーツをミキサーで混ぜ合わせるだけなので、野菜や果物に含まれるビタミンや食物繊維をたっぷりとることができます。

グリーンスムージーのメリット

葉野菜の栄養分を逃がさない

野菜を炒めたり茹でたりすると野菜の栄養分が壊されたりお湯の中に溶け出してしまいます。
グリーンスムージーは葉野菜とフルーツを水でミキサーにかけるだけなので、葉野菜に熱をとおしません。
熱を通さないので、野菜に含まれる栄養素を逃がさずそのまま接種できます。

野菜不足を補うには最適な飲物です。

フルーツの栄養分をしっかりとれる

りんごやオレンジやキューイなどのフルーツは皮の近くに栄養分が豊富にあります
皮をむいて食べるのは豊富な栄養分を捨てているのと同じです。
スムージーでは皮ごと使いますので豊富な栄養分を取ることができます

食物繊維をしっかりとれる

野菜不足を感じている人は多いと思いますが、たくさんの野菜をとることは結構大変です。
毎食に野菜サラダをとるのも大変ですね。
そんなジレンマを解消してくれるのが、一度にたくさんの野菜を無理なく摂れるグリーンスムージーです。
ピューレ状にして飲むことで、消化されやすく、より栄養が体に吸収されやすくなるという利点もあります。

グリーンスムージーのダイエット効果

美容と健康のためには、野菜を多く摂ることが重要だというのは、もはや常識。
でも、毎日大量の野菜を食べるのは、手間もかかるうえ食べるだけでひと苦労です。
グリーンスムージーは、野菜に含まれる食物繊維がしっかりと簡単に取れるメリットがあります。

食物繊維は善玉菌の餌になることで腸内環境が改善されます。

腸内環境が悪いと、栄養の吸収率が悪くなり、栄養がきちんと使われず内臓脂肪や皮下脂肪がつきやすくなります。

栄養の吸収が悪いのでさらにエネルギーを摂取しようとします。
これが太るメカニズムです。

腸内環境を整えることで、栄養の吸収率を上げて、痩せるメカニズム(太らない体質)にかえることができます。

レディーガガミランダ・カーローラなど有名芸能人も毎朝グリーンスムージーを作って朝食がわりに飲んでいるようです。
日本では優香が、グリーンスムージーで「ー7キロ減量」したとか話題になっています。

グリーンスムージーの美肌効果

野菜や果物に含まれる食物繊維には便通を良くし、体に溜まった老廃物や毒素を排出するデトックス効果があります。
これにより、肌がキレイになったり、髪にツヤが戻ってきたりと、飲み続けることで、女性にとって嬉しい美肌効果が期待できます。

便秘改善

ヨーグルトや乳酸菌は腸内環境に良いとよく言われていますが、必ず便秘に効果があるとも言えないようです。
食べたものをしっかり便として排出するには食物繊維が重要です。
便秘の改善には、毎日の食事で、女性なら18グラム、男性なら20グラム以上を摂ることが重要と言われています。
グリーンスムージーは食物繊維をしっかり摂ることができますので、便秘改善にも効果があります。
私の妻は、毎朝グリーンスムージーを飲むようになってから「お通じがよくなった」と言っています

グリーンスムージーを飲む時の注意点

・野菜ジュースのようにごくごく飲むのでなく、流動食を食べる感覚でゆっくりと飲むのが良いようです。

・朝起きた時のようにお腹に何も入っていない状態で飲むのが良いようです。

・他の食べ物と一緒にしないで、グリーンスムージー単体で飲む。

・グリーンスムージーは酸化しやすいので、余ったからといって冷蔵庫などに保存しておくのはオススメしません。
人数分だけ作って早めに飲むのがよいでしょう。

市販のグリーンスムージー

市販で人気のグリーンスムージーをいくつかご紹介します。
実際に飲んでみての感想も書いてますので参考にしてください。

カゴメ「野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーMix」

先日スーパーに行ったのですが、一番目についたのがカゴメの「野菜生活100グリーンスムージーMix」でした。
トマトケチャップや野菜ジュースと野菜に特化した商品を作ってきたカゴメが作りだした「野菜生活100グリーンスムージーMix」です。
15種類の野菜3種類のフルーツが入っていますので、食物繊維も豊富でビタミンもたっぷり取ることができます。
1日に自宅で15種類の野菜をとるのはとても大変なことなので、お買得な商品ですね。
実際に飲んでみると、とっても飲みやすいですね。

日本ルナ「ときめきカフェ グリーンスムージー」

 

「ときめきカフェ グリーンスムージー」は日本ルナが、2017年10月2日から発売した「グリーンスムージー」で、8種類の野菜と3種類の果物が入っています。
特徴は常温で保存できることと植物性乳酸菌が入っていることです。
乳酸菌が入っているスムージーは日本ルナだけです。
(1,000ml、希望小売価格600円・税別)

色はキャベツの葉のようです。
実際に飲んでみると独特の甘味がありました。少し甘ったるいような感じでした。
オリゴ糖が入っているからでしょうか。

森永乳業「グリーンスムージーすっきりファイバー」

 雪印メグミルク「ドールグリーンスムージー」

雪印が開発したグリーンスムージー(Dole GREEN SMOOTHIE)ですが、野菜はケールが中心で、フルーツはたっぷり。
色はグリーンでいいですが、飲んでみると、匂いがきつく、ケールが中心なのか野菜ジュースのような感じでした。
少し癖があります。

ローソン「グリーンスムージー OneDay 」

ローソンが独自開発したスムージーですが、リニューアルされて「味が変わった」、「飲みずらくなった」という口コミがツイッターにたくさんあります。

実際に購入して飲んでました。↓

ツイッターの口コミにあったように、まず「色が悪い」、そして味も「うーん、美味しい!」とは言えない商品でした。

市販のグリーンスムージーをいろいろ飲み比べた結果ですが、カゴメの「野菜生活100グリーンスムージーMix」が一番美味しいと感じました。
(あくまでも個人的な感想です)

グリーンスムージーを自宅で作ろう

スーパーで市販のグリーンスムージーを購入して飲み続けるのもお金がかかりますね。
グリーンスムージーはミキサーがあれば自宅で簡単に作ることができます。

我が家ではドウシシャの「大人の氷フローズン」というミキサーでグリーンスムージーを作って飲んでいます。
野菜も近くの農園の新鮮なものを使って作るのでとっても美味しいです。
食物繊維が豊富なので、お通じが良くなったと妻は言っています。

実際に作ったところをご紹介しますので参考に見てください。↓

関連記事>>ドウシシャの「大人の氷フローズン」で人気のグリーンスムージーを作ってみました。

日頃、野菜不足を感じている人、最近太ってきたなと感じる人はグリーンスムージーを試してはいかかでしょうか?