スポンサーリンク

松田翔太さんの妹:松田夕姫を紹介!何をしているのでしょうか?

2019年2月2日

松田翔太さんをネットで検索すると兄とか兄弟と妹や母とかの検索キーワードがでてきます。
芸能一家の松田ファミリーの中で、松田翔太さんの妹:松田夕姫(まつだ ゆうき)は何をしているのか調べたら、「Young Juvenile Youth」というエレクトロニックユニットのボーカルをしていることがわかりました。
両親や二人の兄も俳優業ですが、夕姫だけは音楽をやっていたのですね。
このページで松田夕姫の経歴を詳しく紹介したいと思います。




<目次>
◆プロフィール
◆高校時代~大学時代
◆“謎のシンガー”として活動
◆家族との関係
◆バラエティー初出演

プロフィール

妹:松田 夕姫(まつだ ゆうき)

活動名:Yuki
生年月日:1988年
出身地:東京都
職業:エレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル

高校時代~大学時代

高校時代に3年間カナダに留学し、友人の影響で作詞や音楽制作を開始。
その後、米国で2年間、音楽や芸術を学んだようです。

兄の翔太もイギリスで留学してるし、この家族はすごいですね!

“謎のシンガー”として活動

2012年から素性を明かさずにライブハウスなどで活動し、音楽ファンの間では“謎のシンガー”として話題になっていたようです。

調べたところ「Young Juvenile Youth」という二人組のグループでボーカルをしていることがわかりました。

「Young Juvenile Youth」というグループはあまり聞きなれませんが、エレクトロニックユニットという電子音楽のジャンルで活動をしています。

2012年より二人で活動をスタートし、2013年にデビュー作としてPhaseworksから限定発売した『Anti Everything』と『More For Me, More For You』の2作品を12インチアナログレコードで発売。

2015年にBeat Records(BEATINK)からリリースされたミニ・アルバム 『Animation』は、予約時とリリース後で合わせて計7週間に渡ってエレクトロニックチャート1位を記録した。

下の画像がデビューCD「Animation」のジャケットです。

このミニアルバム「Animation」のジャケットに松田 夕姫(まつだ ゆうき)の顔写真が載ったことで、“正体”を明かすことになったようです。

写真を見ると、顔立ちは、母で女優の松田美由紀(53)にそっくりですね。

「Young Juvenile Youth」というグループは、2012年に結成した二人組のグループで、夕姫はボーカルで、相棒のJEMAPUR(ジェマパー)は作曲を担当しているようです。

二人の兄は俳優ですが、妹の松田夕姫は音楽活動をしているのですね。

調べたところ、事務所は母親の松田美由紀のオフィス作に所属していますので、二人の兄といつも一緒ということですね。

父親の松田優作はかつて大阪でライブをしたこともあり、父親から音楽の才能を受け継いだようです。

兄の松田翔太は周囲に「こんな妹がいてうれしい」と話しているそうです。

家族との関係

9月10日、ゆう姫は都内で行われた『フェンディピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~』展のトークセッションに参加。
松田優作さんと松田美由紀を両親に持つゆう姫だが、家族との関係について「母子家庭というか(物心がついた頃には)父のいない家庭だったので、それだけ4人の絆が深くて、歳を重ねるごとにもっと仲良くなっていきました」とかみしめるように語った。

家族仲は良好のようで「歳を重ねるごとにもっと仲良くなっていって、私のライブがある時、兄弟が偶然集結していたり、一緒に旅行に行ったりしています」とにっこり。
「母と一番仲良いのですが、芸術のことや哲学を教えてもらってきて、コミュニケーションの仕方も母の背中を見てきました。
みんな励まし合って、愛し合って、それでいてちょっと負けてられないライバル心もあって、切磋琢磨している、不思議な関係性というか、きょうだいを超えた何かになってきたなという感じがします」と声を弾ませていた。

トークセッションにはゆう姫のほか、森星、安藤桃子も参加した。


バラエティー初出演


30日放送の日本テレビのバラエティー番組『今夜くらべてみました』に初出演しました。私も偶然見ていたのですが、どんなトークをするのか興味津々でした。

番組はゆう姫の幼少期から高校時代と大学時代のアメリカでの留学生活、そしてゆう姫の家族、今何をしているのか?を写真で紹介する内容でした。
見ていて徳井さんの質問とは関係ないことを答えたり、徳井さんとの会話に噛み合わないところがたくさんありました。

小学生の頃に誕生日祝いにクラスメートを全員家に呼んでトントンゲームをしたということに対して、そこから生まれた恋とかあったりするんですかという質問に、まだ小学生だよと回答し、徳井さんが唖然として、そうだよねとか俺嫌われているのか?とおどけて笑いに変えてましたが、かなりやりずらかったのではないでしょうか。

留学中の恋の話題になった時は、どういうふうに男性から誘われたいかという質問に、なにげなく手を繋ぐようにしてくれるのがいいというと、後藤さんとゆう姫が前に出て実際にやってみた時に、ゆう姫がすーと席に戻ってしまった時は見ていて爆笑しました。会場にいた人も大爆笑でした。

後藤さんが上手くおどけて見せてくれて笑いを誘いましたが、こんな態度をとられたのはおそらく初めてでしょうね。

ネットの反応もバラエティ向きじゃあないという意見もありました。共演者に対してもタメ口をしてましたが、あまりいい感じはしませんでした。ネットではタメ口はダメでしょう。という意見がたくさんありました。