スポンサーリンク

2020年小学校で英語、プログラミングが開始ー自宅で学べる小学生向け学習教材5選を紹介!

2019年11月3日

2020年の学習指導要領の改訂の目玉は、小学生で言えば、英語とプログラミングです。
ここでは英語、プログラミングが自宅で学べる大手教育メーカーの学習教材5選をご紹介しています。
ご紹介する学習教材は、すべてご家庭で自分のペースで学習できますので進めやすいと思います。

子供に英語を教えられない!
プログラミングなんてわからない!

という親にとってはうれしい学習教材です。

<目次>
1.2020年小学校新学習指導要領で何が変わるのか?
(1)英語教育が本格化
(2)プログラミング教育の開始
2.英語、プログラミングが自宅で学べる大手教育メーカーの学習教材5選
(1)スマイルゼミ(ジャストシステム)
(2)進研ゼミ小学講座(ベネッセコーポレーション)
(3)Z会プログラミング通信教育
(4)月間ポピー
(5)まなびwith(小学館)
3.無料学習サイト
4.まとめ

◆2020年小学校新学習指導要領で何が変わるのか?


英語教育が本格化

新しい学習指導要領においては、3・4年生の「外国語活動」を通して英語を「聞くこと」「話すこと」を中心に英語に慣れ親しみ、その後の英語学習に抵抗なく進むための素地を養うことが目標とされ、5・6年生の「外国語」では、子どもの発達段階に応じて、「聞くこと」「話すこと」の学習内容を深めるとともに文字を「読むこと」「書くこと」も加えて、中学校での学習へつなげていくとされています。

それに伴いそれぞれの学年で、授業時数が35時間増加します。

プログラミング教育の開始

文部科学省のサイトを見ると、プログラミングという教科ができるわけでなく、既存の科目の中で指導が行われるようです。
文部科学省の新学習指導要領では、次のように謳っています。(ポイントのみ)

各教科等の特質に応じて、「プログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」を計画的に実施することが明記されました。

算数や理科、総合的な学習の時間などを使い、実践的なプログラミングを学ぶ時間を設ける他、他教科でも積極的にコンピューター等を活用した活動を行っていくようです。

進化した人工知能 (AI) が様々な判断を行ったり、身近な物の働きがインターネット経由で最適化されたりする時代の到来 (第4次産業革命) が、社会や生活を大きく変えるとの予測のもと、コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることが極めて重要と記載されています。

詳しくは下記サイトを参照してください。

文部科学省のサイト>>新学習指導要領における小学校プログラミング教育

◆英語、プログラミングが自宅で学べる大手教育メーカーの学習教材5選



ここでは、自宅で簡単に進められる5つの学習教材・通信教育をご紹介します。

スマイルゼミ(ジャストシステム)


スマイルゼミのおすすめポイント

スマイルゼミのおすすめポイントは、なんと言っても
タッチペンを使った専用タブレットを使った通信教育
●学習教材は、5教科(国語+算数+理科+社会+英語)+プログラミング
自動丸付け機能解説付きと子供が一人でも楽しめる
英語は1年生から標準配信
英語はネイティブの発音が学べる
英語は発音が合ってるかまで判断してくれるので、生きた英語が身につきます。

勉強をクリアしてスター⭐を集めるとカードがもらえたり、ゲームができたりと、子供が飽きない工夫がいっぱいです。
このように紙の教材ではできなかったことがたくさんあります。
紙の教材だとやり直しができませんが、その点タブレットだと何度もやり直しできるメリットがあります。
だから長続きするんでしょうね。

スマイルゼミは、学校に導入してほしいくらいですね!

気になる会費は?

スマイルゼミの小学生コースの会費は、1年間の一括払いになっています。
下記の会費は月当たりの料金です。
学年が上がるごとに少しづつ増えていきます。(税別)

1年生 : 2,980円
2年生 : 3,100円
3年生 : 3,600円
4年生 : 4,100円
5年生 : 4,600円
6年生 : 5,100円

※上記の会費の他に、1年間の継続利用を前提として、専用タブレット代「9,980円」がかかります。

スマイルゼミの幼児コース、中学生コースの学習内容、会費、タブレット料金、返金、退会方法などの詳細は無料で資料請求ができます。

資料請求(無料)はこちらから>>◆スマイルゼミ◆


進研ゼミ小学講座(ベネッセコーポレーション)

しまじろう」の「こどもちゃれんじ」は皆さん良くご存じかと思います。
私も子供が小さい頃、よく「こどもちゃれんじ」を購読してました。
東京都の京王多摩センター駅の近くにベネッセコーポレーションの大きなビルがあり、そこに子供を連れて行ったことがあります。

ベネッセコーポレーションの通信教育には、0~6歳児向け幼児教育教材の「こどもちゃれんじ」と小学生から高校生までの通信教育があります。
ここでは小学生向けの「進研ゼミ小学講座」のおすすめポイントをご紹介します。

タブレットを使った通信教育

進研ゼミ小学講座での学習教材は4科目(国語、算数、理科、社会)+英語と新学習指導要領で求められるプログラミング的思考力を育てる教材があります。
紙のテキストを中心に学ぶ<オリジナルスタイル>タブレットを使って楽しく学ぶ<チャレンジタッチ>があります
<チャレンジタッチ>は動画やタッチペンを使った学習で楽しく理解できます。

英語の動画授業

プログラミング的思考力を育てる動画授業

気になる料金は?

進研ゼミ小学講座の受講料は学年によって違います。
小学生コースの会費は、1年間の一括払いになっています。
下記の会費は月当たりの料金です。
学年が上がるごとに少しづつ増えていきます。(税別)

1年生 : 2,980円
2年生 : 2,980円
3年生 : 3,740円
4年生 : 4,430円
5年生 : 5,320円
6年生 : 5,730円

進研ゼミ小学講座の詳しい説明や受講料は、ベネッセのサイトから無料で資料請求できます。

資料請求(無料)はこちらから>>進研ゼミ小学講座/ベネッセコーポレーション

Z会の通信教育

おすすめのポイント

国語・算数・理科・社会の各教科で、それぞれ「プログラミング的思考」が身につく問題を出題
・2020年度より、小学生コース本科に独自のプログラミング教材を用意
タブレットを使ったコースが新設
・ひとりの担任が子供を学年末まで担当する担任指導者制を採用
Z会は1か月から受講できます
・音声ペンで楽しく学ぶ「英語」

無料の資料請求

Z会の通信教育の詳細は、無料で資料請求ができます。

資料請求(無料)はこちらから>>Z会 小学生向け講座

月刊ポピー



月刊小学ポピーは40年以上、多くの家庭で愛用されてきた家庭学習教材です。
全国の学校で使用されているドリルや問題集などの学習教材を発行している新学社教科書に沿って編集しているため、授業内容がよくわかり、しっかりと成果が出ます!
小学1・2年生は国語・算数+英語・生活科に、3~6年生は国語・算数・理科・社会+英語に対応しています。
(※2歳から中学3年生まで)

この記事を書いている時点では、ポピーにはプログラミング学習教材はまだありません。

ここでは月刊ポピーの教材の内容、特徴、おすすめポイントをご紹介します。

教科書に沿っていて復習しやすい

「月刊ポピー」は、全国の小学校・中学校で採用されているドリルや資料集などの副教材を発行している「新学社」が編集を行っています。

長年の教材作りのノウハウを生かして作られているため「ポピーで勉強すると成績が上がる」「テストで良い点がとれる」という声が多く寄せられています。

余分な付録がなく、手ごろな価格だから

付録は会費に反映されるため、ポピーは余分な付録をつけず、会費を抑えています。
シンプルな教材で、学習に取り組みやすい。
会費もリーズナブルです。

お手頃価格(幼児980円~!)が特長です。

親子で上手に関われる工夫がいっぱい!

お子さまにどうやって勉強を教えたらいいのか不安なおうちの方も多いと思います。
幼児~低学年向けポピーの「答えとてびき」ではおうちの方向けのアドバイスも充実させ、おうちの方がお子さまを上手に教えられるよう工夫しています。
またポピーでは、「つまずきは早めに発見し、解消すること」が大事だと考えているため、わかりやすい「答えとてびき」ですぐに丸つけをして、つまずきを発見、解消できるようにしています。

無料お試し見本がもらえます

無料おためし見本>>親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!



まなびwith(小学館)

まなびwithの特徴は、国語+算数に力を入れて、教科書には準拠せず独自のカリキュラムになっています。
最低3か月からの受講になっています。
またタブレットでの受講はありません。

◆無料学習サイト


eboard(いーぼーど)

学習サイトeboard(いーぼーど)は、NPO法人eboardが開発・運用するクラウド型個別学習教材です。
約2,500本の映像授業、7000問のデジタルト問題集は無料で公開されています。

eboard(いーぼーど)は、日本eラーニングアワード文部科学大臣賞受賞し、300以上の学校や学習塾でご利用頂いています。

 

◆まとめ


今や教育ブームで学習塾やスクールがたくさんありますが、学習塾やスクールの受講料を調べると月10,000円~くらいかかるんじゃないでしょうか。
私も二人の子供を、栄光●●ナールと英会話教室に通わせていましたので教育費が大変でした。
子供ひとり、15000円くらいかかってたと記憶しています。
ここでご紹介する学習教材は、お手頃な価格で提供されていますので始めやすいかと思います。

子供に英語を教えられない! 
プログラミングなんてわからない!

という親にとってはうれしい学習教材です。

おすすめはタブレットを使った学習教材です。
個人的な意見ですが、一番早くからタブレット対応したスマイルゼミが一番良いと思います。

スマイルゼミの詳しい説明は、別記事でまとめていますので、よかったら読んでみてください。

>>スマイルゼミの詳しい説明